コンテンツへスキップ

綾部の京都協立病院から栄養士さんと言語聴覚士の方々にに来て頂き、
大変参考になるお話を聞かせていただきました。
「高齢者の食事で気を付けたいこと」と「いつまでも口から美味しく
食べられるように」と題してお話して頂き、味噌汁の食べ比べや嚥下体操などを
交えて楽しく有意義な一時を持てました。

今年の当番は金河内町で、子供狂言と太刀振りが奉納されました。
当日は、好天に恵まれ大勢の参拝者で賑わいました。
投稿者;山﨑幸子 様(金河内町)

弓神事;金的目指して早朝から頑張りました
練り込み;金的当たりの報を受け練り込み開始
狂言;小学生三人が夏休みから稽古してきました
太刀振り;中学生の力強い舞です
記念撮影;役目を無事果たしました

表紙

綾部市が取り組む「水源の里」活動が、一冊の本になり7月に発行されました。
私たちが参加している活動が、紹介された事で励みになります。
又、他の地域の紹介は大変参考になり、新たな活動意欲が出てきます。
綾部特産館にも、本が置いてあります。読んでみませんか?
投稿者;岡美津子 様(内久井町)

金河内町の活動紹介
推薦者の「里山資本主義」

稲発酵粗飼料(WCS)は、水稲を出穂期以降に収穫ロール状に梱包し、さらにラップ材でラッピングして稲に付着した乳酸菌により発酵させ牛の餌とする。良好な発酵を進めるためには、稲の水分を低く土の付着を避ける必要がある。
この為、台風と台風の合間をぬっての強行軍、飼料米専用品種「 たちすずか」 の刈り取りを無事終えました。

著者情報: 倉橋 育三郎 綾部市内久井町

刈取直後のロール状態
穂が実る前に刈取
稲のロールはラップします

 

103日は、ハーモニカとギターの演奏で、“赤とんぼ”“母さんの歌”“荒城の月”などを
みんなで歌いました。
おやつに焼き芋と差し入れの栗をいただき、秋を満喫しました。
次回は1024()です。
投稿者;倉橋玲子様(仁和町)

9月5日の陽だまりは台風が接近のため、やむなく中止とさせていただきました。
9月19日は運動会をして楽しみました。
おやつは、グリーンカーテンとして栽培したゴウヤで作ったゴウヤジュースと、パン食い競争のパン、差し入れの大きなブドウでした。
投稿者;倉橋玲子様(仁和町)

猛暑と晴天続きで水不足対策に追われた夏を乗り越え収穫時期となった初秋は、台風と秋雨前線の停滞による雨天に悩まされました。雨で刈取作業が出来無い日が続いたものの、止み間の懸命な作業で漸く終盤に向かっています。今年導入したコンバインと色彩選別機は、稼働に悪戦苦闘しながらも今年の収穫に大きく貢献しています。
著者情報;倉橋育三郎様 綾部市内久井町

新規導入コンバイン#2
米の色彩選別機
乾燥機へ 刈取籾の搬入作業