コンテンツへスキップ

初めて金河内町杉谷で、直播き稲作りを始めました。山間部の棚田で粘土質の圃場では、直播きは難しく大幅な収量減が見込まれ採用に至っていませんでした。が、今後の耕作面積拡大と作業者高齢化対策としてチャレンジします。秋の結果が楽しみです。
著者情報:内久井町 倉橋育三郎様

新規導入田植え機に直播きオプション取付準備中
JA技術者の指導を受けて
直播きオプション
社長は操作を修得

金河内町 茗荷会 初の取り組みとして、鯉のぼりを手作りしました。
材料は古着の襦袢や着物、さらにはビニール袋等を持ち寄り、絵付けはクレヨンを使っています。クレヨンが良いことは経験のある姪に教えてもらいました。
メールの声掛けで集まった8人が分担して作り始め、一日の予定が二日間に延び20匹の鯉を完成する事が出来ました。苦労はしましたが、作る喜びを感じる楽しい時間を持てました。
投稿者;金河内町 山崎幸子様

金河内町では例年通り、公会堂に鯉幟(こいのぼり)を揚げ、五月人形を飾りました。ゴールデンウイークの間、見られます。今年は、手作り鯉のぼりが加わった事で、賑やかで華やかな鯉のぼりとなりました。

梅原会長の挨拶と柏餅で苦労談

室町時代から継承されてきた毎月の掃除4町区での持回り当番制
今月は内久井町の番でした。
著者情報: 倉橋育三郎様  綾部市内久井町

本殿内も丁寧に掃き清めました

 

落ち葉を掃き集めスッキリした参道

 

力を合わせ 頑張りました

 

スッキリ 綺麗になりました

児童民生委員の前田慶子様にお世話になり、エプロンシアターや大きな絵本を読んでもらったりして、楽しいひと時を過ごしました。
おやつに、手作りのフルーツポンチとサーターアンダーギーを美味しく頂きました。
投稿者;倉橋玲子様