コンテンツへスキップ

七夕の前後、西日本は線上地域豪雨に見舞われ百人を超える死亡不明者が出ています。当地域も九十を超える老婆が経験無いという程の大雨になりましたが、幸いにも大きな被害は出ずに済みました。が、小豆植付前の圃場が潅水したり道路に土砂流入したりして、事前に大雨対策をもっと十分しておけば良かったと反省させられます。

強い雨の様子
潅水した小豆植付前圃場2
府道に流入した土砂
7日朝の犀川(柏在橋から見た様子)
7日朝 犀川の様子(柏在橋と大井根)

米作りが終わって水位が低くなった灌漑用溜池に、一週間ほど前から毎日飛来して何かを食べる様子が目撃されます。近くに住む中学二年生は、「登校時毎朝見るのが楽しみ」と話してくれました。

綾部市内久井町は、17日深夜から降り始めた雪が早朝には5㎝の積雪となり見事な景色を描いた。雪は日中も降り続き現在10㎝を超えています。 投稿者;倉橋育三郎 様

素敵な水墨画

 

驚異の雪の舞い

台風18号は 9月17日夕刻から深夜にかけ 当地に強い雨を降らせましたが、幸いにも軽微な被害にとどまりました。既に大半の稲刈が終了していた時期でもありラッキーでした。
【18日朝】

【 犀川(柏在橋下流付近)の様子 】

18日の朝 水かさが高い
19日の朝

大型の台風18号が9月17日夜京都北部を通過し、猛烈な雨が降りました。翌日点検に回ると、水路が氾濫し農道を洗い流し、流出した土砂が下流の水路に堆積し、あふれた土砂は道路に散乱していました。また、あふれた水が農道をつたい農道の轍を深く掘り下げました。この災害の復旧に活躍したのが志賀郷北部農産の重機です。人海戦術ではなかなかはかどらない作業ですが、重機のおかげできれいに片付きました。
投稿;(金河内町)羽賀藤博 様