コンテンツへスキップ

H30-6-27 短歌で「あやべ市民新聞社賞」受賞

金河内町の加柴道代さんが、第29回綾部市民短歌大会で「あやべ市民新聞社賞」を受賞されました。ご夫婦で長い間農業を営む傍ら、趣味として身の回りの出来事を短歌に読まれています。
鍬をもて昔ながらに畦をぬる健やか婆ちゃん九十四歳
昨今、畦塗は機械化が進み辛い厳しい作業は敬遠しがちですが、辛くても手作業の良さと長寿に繋がる事を94歳の婆ちゃんから教えられます。農業に関わる者として、入賞作品の中で農業に関わる歌はこの一首のみ、筆者と選者に感謝しています。
あやべ市民新聞社の掲載許可済み   著者情報; 加柴保裕(金河内町)