コンテンツへスキップ

志賀郷北部農産株式会社 概要 | 志賀郷北農

社長あいさつ   ♦基本理念  ♦会社概要   ♦会社沿革

社長あいさつ

新たに就任した社長の岡 正幸です。当社はH27年の6月に発足し3年が経過しました。地域の伝統と環境を守り、地域住民の方々に希望と活力を与えられる生産活動を目標にしてきました。周囲を山々に囲まれた山紫水明の環境を活かした農産物を、環境や人に優しい方法で作り提供することにより目標は達成されると確信しています。当地区は7世紀の古墳が確認されるなど、古来から延々とご先祖様が住み農業を続けて今日に至っています。しかし時代の流れには逆らえず高齢化と住民の減少は急速に進み、農業従事者は減少し鳥獣被害は増す一方で農産物の収穫もままならない状況です。このような状況を打開すべく、地域住民・行政の方々に協力支援を受けながら日々活動しています。我々の活動をご理解ご支援くださいますようにお願いすると共に、実際に農作業に参加下さったり農産物を購入していただければ幸いです。


基本理念

①由良川の源流という立地を生かして安全で安心できるおいしい食料を生産し、皆様にお届けします。
②志賀郷北部地域の素晴らしい里山自然環境と農地を守り、将来に引き継ぎます。
③志賀郷北部地域の伝統文化と農村生活を守るための地域社会の取り組みに協力し、支援します。
④最新技術を活用し、良好な作業環境のもとで農業に従事できる職場をつくります。
⑤新規農業参入者・地域農業従事者の営農を支援します。
⑥強固で安定した経営基盤を築きます。
⑦地域の諸団体・個人と連携します。


会社概要

社名: 志賀郷北部農産株式会社
代表者: 岡 正幸
本社所在地: 〒623-0346 京都府綾部市坊口町竹本20番地
電話:  0773-21-7067  FAX:0773-21-7067
メールアドレス: sigasatohokunouアットeinaka.jp(「アット」を@に入れ替えて用いてください。)
資本金: 300万円
設立: 2015年6月
従業員数: 6名   協力作業者数: 31名(2018年1月現在)
役員: 取締役社長 岡 正幸、  専務取締役 梅原泰道、
常務取締役 坂根正司、  取締役 加柴保裕 小濵利明 河北和孝
耕作面積: 22ヘクタール
主要作物: 米・小豆・麦・黒豆・WCS


会社沿革

2000年1月 綾部市金河内町で、有志による集団米作り組織(稲作グループ)を結成して耕作を始める。
2014年11月 綾部市志賀郷地区北部の3集落(内久井町・金河内町・坊口町)で、新しい地域営農ビジョンを協議開始。
2015年3月 綾部市、京都府農業会議の御指導にて金河内町の「稲作グループ」を解消し、業務と機械を引き継ぐ形で新たに内久井町・坊口町から役員が参加した株式会社を発足する事にしその準備に入る。
2015年6月 京都地方法務局に会社登記を行い、志賀郷北部農産株式会社が発足した。
2016年3月 第1回株主総会を開催し、2015年度活動報告及び決算報告並びに2016年度の活動計画を承認した。
2017年3月 第2回株主総会を開催し、2016年度活動報告及び決算報告並びに2017年度の活動計画を承認した。
2018年2月 第3回株主総会を開催し、2017年度活動報告及び決算報告並びに2018年度の活動計画を承認した。定款で定められている取締役任期が満了となったので、新たな取締役6名を承認した。更に取締役の互選により、新代表取締役社長が就任した。
2018年3月 京都地方法務局に新取締役及び新代表取締役と本社移転の登記を行った。