コンテンツへスキップ

志賀郷北部地域の米つくり・野菜つくり・農作業 | 志賀郷北農

H31-4-5 七ヶ月に及ぶ水稲栽培のスタート

遅い春が 「斑鳩の里」 にも やっと やって来た
4/3日の朝には薄っすらと雪景色
90歳の老婆も4月の雪景色は初めてと((+_+))
昨年満開だった桜も三分咲き
いよいよ始まりました水稲田の畔付け!
今は楽に成りました?技術革新のお蔭です。
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

DSC_0548
DSC_0549
DSC_0550
DSC_0551

 

H31-3-22 WCS圃場へ牛糞堆肥の散布

WCSの昨年度実績は 70%
未達成分の主な要因は獣害被害
新たに採用した品種 たちすずか の成育は概ね把握!
本年度目標に向かって圃場の肥よく化維持
散布者にも容赦無く降り注ぐ牛糞堆肥の雨も (笑) で吹き飛ばす地味な作業 (涙) ?
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

牛舎で運搬車に積込
運搬車から散布機へ積替え
散布積替え登坂機
牛糞散布機



H30-11-23 汎用コンバインの試運転

今年は小豆の収穫を委託から自前で行うべく、汎用コンバインを導入し刈取試運転を行いました。が !!、8月末迄最高の生育状態であった小豆畑は、さやの無い枝木だけが残る壊滅的な哀れな状態。稲刈・籾摺りに追われている間に、猪と鹿に食べられてしまっていたのです。次年度こそは防獣対策に注力して、コンバインを活躍させる事を強く決意する試運転となりました。
著者情報: 倉橋 育三郎 綾部市内久井町

DSC_0471
DSC_0481
DSC_0479

H30-11-1 麦の種まき

近年の 気候変動も 鳥獣被害も 生産者泣かせ!!
来年の収穫を占う麦の植付け?

麦収穫の良否は、圃場の良し悪しで!
著者情報: 倉橋 育三郎 綾部市内久井町

DSC_0457
DSC_0458
DSC_0460
DSC_0462

 

 

H30-10-4 WCSの刈り取り

稲発酵粗飼料(WCS)は、水稲を出穂期以降に収穫ロール状に梱包し、さらにラップ材でラッピングして稲に付着した乳酸菌により発酵させ牛の餌とする。良好な発酵を進めるためには、稲の水分を低く土の付着を避ける必要がある。
この為、台風と台風の合間をぬっての強行軍、飼料米専用品種「 たちすずか」 の刈り取りを無事終えました。

著者情報: 倉橋 育三郎 綾部市内久井町

刈取直後のロール状態
穂が実る前に刈取
稲のロールはラップします