コンテンツへスキップ

志賀郷北部地域の米つくり・野菜つくり・農作業 | 志賀郷北農

H29-10-18 茗荷(みょうが)

採れたての茗荷

茗荷の美味しい季節です。当地は至る所に自生していて新鮮な物を味わえます。又茗荷の漬物も美味しくて、節分に開催される阿須須岐神社の茗荷祭りには販売されます。是非お参りし購入して味わってみるのは如何でしょうか。(写真提供;山崎幸子様)

茗荷の漬物
販売される茗荷の漬物

H29年9月22日 今年最後の籾摺りです

9月3日に始まった稲刈は天候に恵まれ本日最後の籾摺りで終える事になりました。
坊口町に移設した作業場は、明るく広いので効率的な乾燥・籾摺りが出来ました。

H29年9月21日 WCS*の刈取

お米の転作としてWCS*を作っています。その刈取をJAに委託して行いました。
WCS* :稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ、以下WCS)とは、稲の実と茎葉を同時に収穫し発酵させた牛の飼料です。WCSの利用は、水田の有効活用や食料自給率向上に貢献する、と関心を集めています。

平成29年9月4日 稲刈りが始まりました

今年は天候に恵まれて例年より少し早めに始まりました。出来栄えもよくて収穫量も昨年以上が見込めると期待しています。刈り取りは、より水源に近い内久井町から始めて坊口町 金河内町へと進め、9月末までに完了する見込みです。

平成29年8月16日 小豆畑に鹿が侵入

逃亡ルートを探すが見つからず

8月16日の昼過ぎ、中耕を終えたばかりの小豆畑に鹿が侵入しているのを発見。猟銃は持っていないので、望遠レンズ付きカメラを持って畑に近づくと鹿は気付き逃亡を図った。が畑周辺は坊獣ネットが張り巡らされているので逃亡ルートが見つからずネット周辺を逃げ廻り、意を決したように高岸から府道へ5メートルの大ジャンプをして逃亡した。小豆は芽が食害されて1反分収穫が見込めない状態、どこから侵入したのか侵入防止対策が急がれる。

畑の中を逃げ回る。急に近づきピントが合いません。
府道へ大ジャンプ後 逃亡