コンテンツへスキップ

志賀郷北部地域の里山自然と景観 | 志賀郷北農

H29年9月30日 朝霧が秋の始まりを知らせる

朝7時半の様子。金河内町公会堂の後方は、濃い霧の為全く見えません。
が、10時には快晴になりました。

平成29年9月19日 台風18号の爪痕

台風18号は 9月17日夕刻から深夜にかけ 当地に強い雨を降らせましたが、幸いにも軽微な被害にとどまりました。既に大半の稲刈が終了していた時期でもありラッキーでした。
【18日朝】

【 犀川(柏在橋下流付近)の様子 】

18日の朝 水かさが高い
19日の朝

H29年9月18日 台風被害修復に志賀郷北部農産の重機活躍

大型の台風18号が9月17日夜京都北部を通過し、猛烈な雨が降りました。翌日点検に回ると、水路が氾濫し農道を洗い流し、流出した土砂が下流の水路に堆積し、あふれた土砂は道路に散乱していました。また、あふれた水が農道をつたい農道の轍を深く掘り下げました。この災害の復旧に活躍したのが志賀郷北部農産の重機です。人海戦術ではなかなかはかどらない作業ですが、重機のおかげできれいに片付きました。
投稿;(金河内町)羽賀藤博 様

 

平成29年8月16日 小豆畑に鹿が侵入

府道へ大ジャンプ後 逃亡

8月16日の昼過ぎ、中耕を終えたばかりの小豆畑に鹿が侵入しているのを発見。猟銃は持っていないので、望遠レンズ付きカメラを持って畑に近づくと鹿は気付き逃亡を図った。が畑周辺は坊獣ネットが張り巡らされているので逃亡ルートが見つからずネット周辺を逃げ廻り、意を決したように高岸から府道へ5メートルの大ジャンプをして逃亡した。小豆は芽が食害されて1反分収穫が見込めない状態、どこから侵入したのか侵入防止対策が急がれる。

逃亡ルートを探すが見つからず
畑の中を逃げ回る。急に近づきピンボケ

平成29年7月9日 コウノトリが飛来

田んぼにコウノトリが飛来して一時間程田んぼの中を歩き回って食事をしていました。識別マークから昨年6月に豊岡市で誕生した雄の若鳥の様です。周辺には歓迎するかのようにシラサギや青サギが多数集まっていました。撮影しようと近づくと残念ながら飛び去りました。(下の写真:クリックすると大写しが見られます。)

H27-4-20撮影 山崎幸子様 提供
H27-4-20撮影 山崎幸子様 提供

 

H29年7月9日 当地のサギ