コンテンツへスキップ

効率化の推進と工程改善の提案で14haの特別栽培米と9haのWCSの植え付けを 3人1組で、オペレーター1人補助員1人の2人体制で作業開始 オペレーターも半日交代(集中力の維持) 作業台がミソ(体力温存と作業腰痛回避を目指して)
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

DSC_0581
DSC_0582
DSC_0583
DSC_0586

 

世間は超大型10連休
北農社員は一番の農繁期
社員の さなぼり は1ヶ月先になりそうな!
昨年の経験を生かして今年もやります WCSの直播 特に圃場の粗起こし 漉き返し 代かきを 水の管理を徹底!
9㌶の内1.4㌶を直播きで実施。
感じて下さい 春爛漫のどかな 古里の風景も
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

DSC_0582
DSC_0584
DSC_0581
DSC_0585

 

温湯消毒〜籾種浸種〜タフロック浸種〜催芽〜風乾〜播種でビニールハウスに
列べた苗を毎日の温度管理と水やりで平成に穏やかに育ったコシヒカリの苗を
令和元年の田植えに託します
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

DSC_0558
DSC_0564
DSC_0568
DSC_0576

 

 

 

今年は暖冬でことの外雪が少なくて夏場の水不足が懸念されます
体力の備わった厳しい環境に打ち勝つ苗に育ってくれ
1回の作業で1300箱
計 4回の作業で5000箱を播種します。楽しみにしてます
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

DSC_0553
DSC_0554
DSC_0556
DSC_0558

 

 

遅い春が 「斑鳩の里」 にも やっと やって来た
4/3日の朝には薄っすらと雪景色
90歳の老婆も4月の雪景色は初めてと((+_+))
昨年満開だった桜も三分咲き
いよいよ始まりました水稲田の畔付け!
今は楽に成りました 技術革新のお蔭です。
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

DSC_0548
DSC_0549
DSC_0550
DSC_0551

 

WCSの昨年度実績は 70%
未達成分の主な要因は獣害被害
新たに採用した品種 たちすずか の成育は概ね把握!
本年度目標に向かって圃場の肥よく化維持
散布者にも容赦無く降り注ぐ牛糞堆肥の雨も (笑) で吹き飛ばす地味な作業 (涙) 
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

牛舎で運搬車に積込
運搬車から散布機へ積替え
散布積替え登坂機
牛糞散布機



「まほろばの山里」ともいえる「吾雀(志賀郷)の里」に生まれ語り継がれた
志賀郷の七不思議伝説の 茗荷さん での神のお告げは

その年の稲作の出来ばえ 早稲 中稲 晩稲 の判断を 茗荷の上り具合で占う 1600年来の霊験新たかなお告の神事
著者情報: 倉橋 育三郎  綾部市内久井町

DSC_0507
DSC_0504
DSC_0509

 

今年は小豆の収穫を委託から自前で行うべく、汎用コンバインを導入し刈取試運転を行いました。が !!、8月末迄最高の生育状態であった小豆畑は、さやの無い枝木だけが残る壊滅的な哀れな状態。稲刈・籾摺りに追われている間に、猪と鹿に食べられてしまっていたのです。次年度こそは防獣対策に注力して、コンバインを活躍させる事を強く決意する試運転となりました。
著者情報: 倉橋 育三郎 綾部市内久井町

DSC_0471
DSC_0481
DSC_0479