コンテンツへスキップ

採れたての茗荷

茗荷の美味しい季節です。当地は至る所に自生していて新鮮な物を味わえます。又茗荷の漬物も美味しくて、節分に開催される阿須須岐神社の茗荷祭りには販売されます。是非お参りし購入して味わってみるのは如何でしょうか。(写真提供;山崎幸子様)

茗荷の漬物
販売される茗荷の漬物

弓神事で矢が金的に命中し、当番町区内久井の氏子を先頭に練り込みが始まりました
内久井町の氏子による笛太鼓の練り込み先導
氏子練り込みは金河内町 坊口町 仁和町と続く
お参りは本殿で拝んだ後右回りで各宮に参拝

朝7時から約30m離れた的をめがけて矢を放ちます
見事! 金的に命中

H29年阿須須伎神社 秋の例大祭の記録写真集

お米の転作としてWCS*を作っています。その刈取をJAに委託して行いました。
WCS* :稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ、以下WCS)とは、稲の実と茎葉を同時に収穫し発酵させた牛の飼料です。WCSの利用は、水田の有効活用や食料自給率向上に貢献する、と関心を集めています。

台風18号は 9月17日夕刻から深夜にかけ 当地に強い雨を降らせましたが、幸いにも軽微な被害にとどまりました。既に大半の稲刈が終了していた時期でもありラッキーでした。
【18日朝】

【 犀川(柏在橋下流付近)の様子 】

18日の朝 水かさが高い
19日の朝

今年は天候に恵まれて例年より少し早めに始まりました。出来栄えもよくて収穫量も昨年以上が見込めると期待しています。刈り取りは、より水源に近い内久井町から始めて坊口町 金河内町へと進め、9月末までに完了する見込みです。