コンテンツへスキップ

坂根さんの案内で志賀郷北農の直播水田を見学しました。一面に苗が育っていました。この時期は水の管理が重要で、一週間前と違い苗が出そろったので今は水を落としています。雑草の抑制と苗の丈夫な育成とのバランスをどの様にとるかが問題だとのことでした。
著者情報: 辻村秀信 様 金河内町

水田の全景です。一面に苗が育っています
拡大図です。ほとんどの位置で苗が出ています。本数は1〜5本。出ていない位置は少ないので、発芽は大成功です。苗は後に「ぶんけつ」で増えるので各位置に1本あれば十分でしょう。
雑草が同時に出ています。すくなくとも2種類。稲が雑草との競争に打ち勝って育つか否かが問題です。