志賀郷北農は、一部の圃場を利用して直播稲作技術の試験を始めました。直播栽培は、育苗、田植えの省略による稲作の大規模化・低コスト化・省力化のための有望技術の1つとして注目されている技術です。
JA丹の国の技術的支援を得ながら、志賀郷北部地域における直播稲栽培の技術的課題を明らかにし、その可能性を検討します。また、志賀郷北農のめざす環境保全型農業との適合性を検討します。

参照文献
水稲直播技術 - JA全農
水稲直播栽培:農林水産省
直播による水稲栽培|稲編|農作業便利帖|みんなの農業広場
水稲直播栽培の実際|稲編|農作業便利帳|みんなの農業広場
乾田直播栽培|稲編|農作業便利帖|みんなの農業広場
クボタ営農ナビ|鉄コの教室
クボタ営農ナビ|水稲直播栽培は「攻めの農業」実現への切り札

栽培日誌
直播した水田と稲の観察記録です。直播稲作の基礎技術の習得と問題点の洗い出しが今年度の課題です。

H30-5-3 直播き稲作りへの挑戦

初めて金河内町杉谷で、直播き稲作りを始めました。山間部の棚田で粘土質の圃場では、直播きは難しく大幅な収量減が見込まれ採用に至っていませんでした。が、今後の耕作面積拡大と作業者高齢化対策としてチャレンジします。秋の結果が楽しみです。
著者情報:内久井町 倉橋育三郎様

新規導入田植え機に直播きオプション取付準備中

JA技術者の指導を受けて

直播きオプション

社長は操作を修得

Loading...