コンテンツへスキップ

R3-11-7 消防志賀郷分団 秋の実火災想定訓練

コロナ禍で暫く出来なかった訓練が、金河内町で行われた。

朝霧晴れぬ日曜7時、訓練開始
防火水槽横に消防車を付けてポンプアップ開始
水槽と消化場所が離れているので中継ポンプを設置している
懸命の消火作業

自治会長や消防団OBが訓練を見守りました
訓練終了の連絡が本部より入る
第3班は班長を先頭に撤収開始

訓練参加者全員が終了式に集合
分団長より訓練の総括

志賀郷自治会連合会長より挨拶
金河内町自治会長の挨拶