WCSのドローンによる直播の経過

2024年、5月11日にWCS種子(クサホナミ)のドローンによる直播を行いました。

今年の結果を見ながら、面積を増やしていきたいと考えています。

2024年播種面積=約30a

直播する種子=クサホナミ(鉄コーティング)

播種の経過

4月15日 種子の郵送

鉄コーティング事業者に種子を郵送(休眠打破処理を依頼)

5月8日 圃場の水抜

表面を少し硬くするため、いったん圃場の水を抜く。

5月10日 入水

水深が約5cmになるように再び水を入れる。

5月11日 播種

ドローンによる播種実施。水深は5cm~8cm程度。

5月14日 発芽はまだです

播種から3日後ですが、まだ変化はありません。

5月16日 芽をみつけました

ほとんど発芽している種子がない中、ひとつだけ見つけました。

今日は天気が良いので発芽すれば良いのですが。

5月17日 発芽を確認

発芽確認しました。

3枚の田に播種しましたが、一番上の田は自然落水して良い感じです。

2枚目と3枚目は完全湛水状態ですので、日曜日に落水の予定です。

まだ一斉発芽という状態ではありませんが順調です。

5月19日 落水開始

3圃場とも発芽を確認しましたので、落水を開始しました。

一番上側の圃場は保水が悪く17日には落水していました。

5月21日 3筆とも落水完了(発芽も順調)

3筆とも落水確認しました。

発芽も確認できます。

一番上の田はクログワイが多いですが、それ以外は雑草少ないです。

しばらくこのままの状態を保ち、田面が乾かないように乾く前に走水をします。

5月26日 順調に生育しています

状況今のところ順調と思われます。 この後、消えるかもですが次の雑草の芽生えが気になったところです。

少し表面が乾いているところがありますが、27日から雨の予報ですので様子を見ることにします。